検索
  • Kay OOSAWA

転職します2020夏

株式会社FiNC Technologies を退職しました。

株式会社FiNC Technologiesを2020年9月に退職いたしました。FiNCでは、サプリメント事業部長を経てアプリプラットフォーム事業部長プロダクトオーナーとして従事致しました。関わった皆様、前職の同僚の皆様、ありがとうございました。


株式会社サムライインキュベートへ入社致します。

2020年10月より、株式会社サムライインキュベートへ入社致します。サムライインキュベートでは、HRBP(戦略人事)担当として従事する予定です。


退職理由:毎日楽しく仕事をしていたのですが榊原さんに呼ばれたので

FiNC はおそらく私が経験した中で最も素晴らしい開発チームがある会社で、本当に毎日楽しかったです。少し前に「事業がわかるエンジニアがいない」というエントリが話題になっていましたが、FiNCのエンジニアはほぼ全員と言って良いくらい事業理解へのコミットが高く、素晴らしい開発チームです。榊原さん(どういう方かは後述)に呼ばれなかったら今でもFiNCで働いていると思います。FiNCの開発チームと一緒に働き、勉強させていただいたことで、私のプロダクトオーナーとしての経験値をさらに高める事ができたと感じています。


転職理由: 8年前に私を支援してくれたサムライインキュベートに貢献したい



上の写真ですが、2012年、今から8年前に起業家として活動していた私がSSI(サムライスタートアップアイランド)で自社サービスのピッチをしている様子を榊原さんがFacebookに投稿したものです。足元にいるのは、今ではもう中学生の我が子です。当時は子供の預け先を考える時間が既にコストだったので、どこへでも小脇に子供を抱えて出向いていました。起業家はハードワークできてこそ!というのが美徳な時代でもありましたね。


今でこそ男性以外、子供がいる起業家はシードベンチャー業界でもたくさん増え珍しいことではありませんが当時は本当に少なく、常に投資家から"弾かれているな"となんとなく感じていました。その中で、サムライインキュベート代表の榊原さんだけが「経歴・出身地・性別・年齢は全く関係ない」と明言してくださり、サムライ3号ファンドにてご支援してくださいました。この体験はかけがえのないもので、私が自分自身の生き方を肯定するための重要な要素の一つとなりました。


そんな榊原さん率いるサムライインキュベートから「サムライインキュベートのために是非一緒に働いてほしい」と声をかけていただき、過去頂戴したご恩を是非ともお返ししたいと思い、引き受けることにしました。


やること:HRBP(HRビジネスパートナー)

20年弱、プロダクト開発の現場で企画やPdMやPOをやっていた私ですが、サムライでは経営・事業戦略から人事組織戦略を考えて行く戦略人事をやっていきます。人事専任での職務経験はありませんが、経営者・事業責任者の戦略的パートナーとして人と組織の面から事業成長を実現していく点では、会社経営時代、PdM、PO時代とやることは基本的に変わらないと思っています。


最後に

本当でしたら前職でお世話になった方、友人、関係のあるみなさま一人一人とお会いしてご報告させて頂きたいと思っておりましたが、皆様の時間を頂戴するのも忍びなく、このような形でのご報告となりますこと、お詫び申しあげます。

次の職場は六本木一丁目となりますので、近辺の方、お食事にでもいきましょう。飲める方はソーシャルディスタンシング、少人数で飲みにいきましょう。


0回の閲覧

© 2019. Kaori OOSAWA